保護猫トラ、今度はワクチンの副作用でダウン -副作用が出たっ

https:https://blog.with2.net/link/?id=2047087
サラとトラのいろいろ

トラは保護されたとき3週齢と獣医さんに言われたので推定お誕生日は4月27日です。

我が家にお迎えしたのが5月17日です。

回虫のお薬の2回目が終わったらワクチンしましょうね、と先生から言っていただいていました。

7月6日に1回目のワクチン。キャリーに入るのもいやがらず、というかよく家でも入って遊んでいます。車の中ではニャーニャー言っていましたが獣医さんに到着したらおとなしくいました。見立てがよく優しい人気の獣医さんですが待ち時間は長いです-。

順番がきました。猫初心者のサラトラママは診察室に入ってトラを出してどうするのかがよくわかりません。ワンコの場合は診察台で体重はかって抱っこして、ってなりますがトラも同じなのかな。何が違って何がわからないかもわからなくなっているサラトラママです。

お顔診てもらって聴診器してもらって元気に育ってますねー。一安心です。

注射の間「トラちゃん、大丈夫よー。いい子、いい子、お利口さん」と声かけしているサラトラママに先生が一言「注射されてるのよくわかってないと思いますよ。」あ、そーなんですか・・・。

帰って安静に。といってもおうちから出るわけでなくゆっくり寝ていました。サラと少しだけチャンバラごっこしてたかもしれません。

そして2回目のワクチンに8月4日午前中に行きました。体重は1.72キロ。元気に順調ですね、とのことです。

今回はトラも成長していろいろわかってきているのかな。注射される時は「ナー!」と大きな声で怒っていました。注射が終わると先生に「はい、キャリーに入れてください」と。「猫の扱いがまだよくわからなくて。。」焦るサラトラママです。

家に帰ると待ち構えていたサラと一瞬の追っかけごっこ。

その後いつもならサラトラママとサラとクーラー効いたのリビングでまったりするのに2階の寝室に行きたがるトラ。今日は1人で寝たいのかな、と。

4時くらいになんかトラの顔がいつもと違うような???と思っていたら6時頃息子くん「トラの顔おかしいよ」。! やっぱり! そしてさっきよりもっと顔がむくんでいてあごの下も腫れています。

急いで獣医さんに電話すると、アレルギーかな。あごの下腫れているならどこかで打ったのかな。大丈夫だとは思いますが、とのことでしたが翌日は休診日とのことなので急いで連れて行くことにしました。

トラの顔を見た先生、「目の周りも赤いですね。原因はわからないのですがワクチンの影響でしょう。消炎剤の注射しますね。明日にはよくなっていますよ」、と注射していました。怒るトラに「まぁ、とても元気なので大丈夫でしょう」。

お友達も心配していろいろ調べてくれました。ワクチンの副作用なので大丈夫、と。ワクチン後1人寝室に行かさずみていたらよかったとサラトラママは反省です。

家に帰って息子くんのベッドで涼んでいたようですが身体が少しけいれんするようなことが続いていたようです。とても心配しましたがその後リビングに降りてきたとたんキャットタワーに上ってガツガツご飯食べていましたので一安心です。(サラの届かないキャットタワーの上が食事場所です)

いつもは寝ないキャットタワーの上でその後夜遅くまで寝ていました。サラから避難していたのかな。サラはしたらか降りてきてーと催促していましたがスルーされてました。顔のむくみもすこーしましかしら。

翌日になると顔もほぼすっきり。ただいつもはサラとトムとジェリー遊びするのですがサラが誘ってもあんまりのってなかったです。

その翌日にはバタバタ2匹で走り回る様子がみれました。キャットタワーの上で寝ていたのも1人寝室にいたのもその時だけでした。

顔のむくみもすっかり元通り。

トラちゃん、心配したよ。よかったね。来年のワクチンが心配だけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました