野犬の子、保護犬サラがやってきた!

https:https://blog.with2.net/link/?id=2047087
サラとトラのいろいろ

野犬が子供を産むたびに子犬を保護して里親を探す活動をしている方から、子犬を譲り受けることになりました。先代の雑種ゆめが天国に逝って約4年。とうとう念願の2代目わんこをお迎えすることになりました。しっちゃかめっちゃかな子犬ライフの始まりです。

子犬をお迎えしたいとずっと思っていましたがやっと念願叶ってお迎えすることになりました。お迎えするなら保護犬と決めていました。ペットショップの血統書付きのわんこ達はきっと優しい飼い主さんが見つかる可能性が高いでしょう。1匹でも多くの保護犬が幸せに暮らせることを願いながら、自分ができることは縁あってお迎えできたワンコを生涯大切にして幸せに暮らせるようにすることだと思っています。

地域の保護犬譲渡会やネットでの保護犬情報などを調べて少し遠いですが生後2ヶ月の野犬の子をお迎えさせてもらうことになりました。「ペットのおうち」のサイトで出会いました。もう待ちきれないです。子供達も大喜びです。

さぁお迎え当日。家族4人で早朝から車に乗って出発です。片道6時間くらい。きっともっと近くにも保護犬はたくさんいたのだろうけれどこれも縁だと思います。


人気ブログランキング

生後2ヶ月の女の子が2匹いました。5匹兄妹で雄の兄弟はすでに里親のところに迎えられていました。2匹のうちこちらの子が子供がいる家庭にはよいのでは、と保護主さんがいってくれていたのとは違う方の子がすごく人懐っこくかわいいように思えました。家族全員一致でその子をお迎えすることに決めました。もう1匹の子もその後里親が見つかりワンコ先輩がいるおうちに迎えられたそうです。

白い子がのちのラブリーちゃん、右がサラです。

名前はどうしよう、と言っていましたがなでていると「サラサラなのでサラにする!」と子供達。サラちゃんに決定です。

帰りは渋滞ですごく時間がかかりました。サラは車酔いするようで嘔吐してしまいました。つらい思いをさせてしまってごめんね。

でもおうちに到着するとご飯も食べることができました。

あれれ、サラにはお姉ちゃんがいるんだ。お姉ちゃんは小桜インコのくるみちゃん。

ワンコのこと怖がるかと心配していましたが、全く怖がる様子もなくクルミの方がずっと堂々としていました。

これからのサラとの生活。幸せになること間違いなしです。

2017.7.17

コメント

タイトルとURLをコピーしました